オンラインとリアルが融合した全く新しいプロジェクトが11月のコア会期に向けて始動

3年に一度開催される“障害者”と“多様な分野のプロフェッショナル”による現代アート国際展「ヨコハマ・パラトリエンナーレ」(主催:横浜ランデヴープロジェクト実行委員会/NPO法人スローレーベル/共催:横浜市)が、11月18日(水)~11月24日(火)に開催されます。今回は、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ本年度の方針を全面的に見直し、オンラインとリアルが融合した全く新しいプロジェクトとして挑戦することを決定したとのことです。

ヨコハマ・パラトリエンナーレ2020 開催概要

名称:ヨコハマ・パラトリエンナーレ2020
会期:プレ会期8月24日(月)~
   コア会期11月18日(水)~ 11月24日(火)
場所:オンライン(https://paratriennale.net/2020
   横浜市役所アトリウム(神奈川県横浜市中区本町6丁目50-10)

主催:横浜ランデヴープロジェクト実行委員会、NPO法人スローレーベル
共催:横浜市(文化観光局・健康福祉局)
補助:令和2年度文化庁文化芸術創造拠点形成事業
協力:神奈川県遊技場協同組合・神奈川福祉事業協会、株式会社FREEing、株式会社JVCケンウッド、横浜市立みなとみらい本町小学校
チケット:無料 ※一部有料。詳しくは公式HP(https://paratriennale.net/2020)にて。

Written by

菅間 大樹

findgood編集長、株式会社Mind One代表取締役
雑誌制作会社、広告代理店、障害者専門人材サービス会社を経て独立。
ライター・編集者としての活動と並行し、就労移行支援事業所の立ち上げに関わり、管理者も務める。職場適応援助者(ジョブコーチ)養成研修修了。
著書に「経営者・人事担当者のための障害者雇用をはじめる前に読む本」(Amazon Kindle「人事・労務管理」「社会学」部門1位獲得)がある。