ぜんち共済株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:榎本重秋)は、第13期(2018年度)決算の結果、収入保険料が10億円を突破したことを発表しました。

ぜんち共済は、2000年7月、知的障がい者の豊かな生活と日々の安心のために設立された「全国知的障害者共済会」を前身とした会社です。
2008年2月、知的障がいや発達障がいがある方に医療保険等を提供する少額短期保険業者として関 東財務局の登録を受けて以来、「ぜんちのあんしん保険」「ぜんちのこども傷害保険」を提供しています。

また、同社は『令和元年8月の前線に伴う大雨』により、災害救助法が適用された地域で被災されたご契約者向けに特別対応することを発表。
申し出のあった契約者には以下の対応が実施されます。
1.被災により保険料の払い込みが困難な場合、払込猶予期間を設け延長
2.保険金の請求手続きについて、必要書類を一部省略するなど、通常の場合よりも簡便かつ迅速に取り扱う
詳細については以下をご確認ください。
【お問い合わせ先】
コールセンター 0120-322-150
電話受付時間  9:00~17:00(土日・祝日を除きます)

【ぜんち共済株式会社 会社概要】
社名:ぜんち共済株式会社
HP:http://www.z-kyosai.com/
所在地:東京都千代田区岩本町 3-5-8
資本金:94,600 千円
代表者:代表取締役社長 榎本 重秋
事業内容:少額短期保険業(関東財務局長(少額短期保険)第 14 号)

zentikyousai eyecatch

【レポート】

「障害のある方のための日本で唯一の専門保険会社。」
https://findgood.jp/new-posts/zenchikyosai/

Written by

菅間 大樹

findgood編集長、株式会社Mind One代表取締役
雑誌制作会社、広告代理店、障害者専門人材サービス会社を経て独立。
ライター・編集者としての活動と並行し、就労移行支援事業所の立ち上げに関わり、管理者も務める。職場適応援助者(ジョブコーチ)養成研修修了。
著書に「経営者・人事担当者のための障害者雇用をはじめる前に読む本」(Amazon Kindle「人事・労務管理」「社会学」部門1位獲得)がある。