お尻が浮くと、反則!?

競技概要

障がいのある選手を対象とし、お尻(臀部)を床につけた状態で競技するバレーボールです。オリンピックのバレーボールと同様に、1チーム6人でネットをはさんで対戦します。座位で行うため、オリンピックよりも小さいコートや低いネットなどルールの一部が変更されています。
シッティングバレーボールにはVS1、VS2の2つのクラスがあり、障がいの程度はVS2がVS1よりも軽度です。VS2の選手は12名の全体リストには2名、コートの中の6名のレギュラーメンバーの中には1名入ることが出来ます。
最も重要なルールは、プレー中に臀部が床から離れると「リフティング」というファウルになる点です。選手はお尻を床に付けたまま、腕の力などでお尻を滑らせるようにしてコート内を移動します。また、相手のサーブを直接ブロックやアタックなどで返球できる点もオリンピックとは異なります。

ルール

試合は5セットマッチで、1セットは25点先取(第5セットは15点)のラリーポイント制で行われる。コートはオリンピックのバレーボールで使用されるコート(長さ18メートル×幅9メートル)より狭い、長さ10メートル×幅6メートルの長方形のコート。ネットの高さは男子が1メートル15センチ、女子が1メートル5センチで、オリンピックのネット(男子は2メートル43センチ、女子2メートル24センチ)よりも1メートル以上低く設定されている。
守備では臀部を床につけたまま移動しなければならないため、選手の守備範囲は通常より狭くなる。オリンピック同様、守備を専門とするリベロも導入されているが、チーム一丸となった守備が必要になる。レシーブしたボールをいつもセッターに返せるとは限らないので、チームの誰もがトスを上げることができ、また、誰もがスパイクを打てることが要求される。選手全員に幅広い技術が求められるのも、シッティングバレーボールの特徴。
スパイクやブロック、サーブなどのプレー中は、臀部が床から離れると反則となるが、レシーブの時に短時間であれば臀部が床から離れることが許される。もっとも、立ち上がったり、歩いたりすることは禁止。
オリンピックのバレーボールよりコートが狭く、ネットも低いということは、より近い地点からスパイクやサーブが放たれるということになる。そのため、守備側はすばやく反応する必要がある。スピーディーでパワフルなボールの応酬は見どころ。

種目

シッティングバレーボール(男子/女子)

対象障がい

肢体障がい

東京2020パラリンピック情報

日程:2021年8月27日(金)~9月5日(日)
会場:幕張メッセ Aホール

競技紹介アニメーション「One Minute, One Sport」
シッティングバレーボールのルールや見どころを1分間の手書きアニメーション動画でご紹介します。シッティングバレーボールに詳しい人も、そうでない人も、まずは動画をチェック!

Written by

今井 靖之

findgood編集者、ライター。

大手電機メーカーで半導体電子部品のフィールドアプリケーションエンジニア、インターネットサービスプロバイダのプロモーションやマーケティングに従事。以後フリー。

身内に極めて珍しい指定難病者を抱える。

神奈川県川崎市在住。サブカルヲタク。「犬派?猫派?」と聞かれたらネコ派、猫同居中。