ADHDの方が転職を考えるとき、向いている仕事は何かと迷われることもあるのではないでしょうか。

転職を繰り返す、仕事が続かないといった悩みを持つ方がいらっしゃる一方で、自分に向いている仕事に出会うことで楽しく仕事が続けられているという話も耳にします。

今回は、働いているADHDの方315人の体験談から、ADHDの方が考えるおすすめの仕事、業界、職種を調査・分析しました。

ADHDの方に人気の仕事や満足度の高い職場、働きやすい業界や職種などをご紹介していきます。

同じADHDでも、悩みは人それぞれだと思います。
ご自身の特性にあてはまる事柄を、ぜひ今後の転職のヒントに活用してみてください。

目次

  1. ADHDの方の職場に対する満足度
  2. ADHDの方にとって満足度が高い職場とは
  3. ADHDの方にとって満足度が低い職場とは
  4. ADHDの方に向いている業界とは
  5. ADHDの方に向いている職種とは
  6. ADHDの方の転職活動の進め方
  7. まとめ

1.ADHDの方の職場に対する満足度

まずは満足度の高い職場について、その傾向をみてみましょう。 このグラフは、今回アンケートに回答してくださった方の仕事への満足度の割合を表したものです。

※アンケート「あなたはその会社の就労環境に満足していますか?」を集計して割合を抽出

「とても満足している」「満足している」が44%
「まったく満足していない」「満足していない」が39%
「どちらともいえない」が27%

という結果になりました。
満足している方がやや多い傾向にあるようです。
では、仕事に対する満足度は何によって決まるのでしょうか?コメントを交えながら詳しくみてみましょう。

2.ADHDの方にとって満足度が高い職場とは

では、44%を占めた「職場に満足している」と回答した方は、どのような点に満足しているのでしょうか。満足度が高いと回答した方の理由を分類して、集計をとってみました。

※アンケート「あなたが答えた満足度について理由を教えてください」を分類しプラス評価している内容を集計して割合を抽出。10人未満の少数回答は除く。

このグラフからは以下のような傾向がみられました。

【満足度の高い職場であるために特に重要なもの】

・ADHDに対して理解がある
・周囲の協力がある
・同僚や周囲との人間関係が良好

では、それぞれ詳しく見ていきましょう。

続きは

へ。

Written by

今井 靖之

findgood編集者、ライター。

大手電機メーカーで半導体電子部品のフィールドアプリケーションエンジニア、インターネットサービスプロバイダのプロモーションやマーケティングに従事。以後フリー。

身内に極めて珍しい指定難病者を抱える。

神奈川県川崎市在住。サブカルヲタク。「犬派?猫派?」と聞かれたらネコ派、猫同居中。