2020年5月23日(土)までの限定配信

自身もADHDと診断された映画監督の坪田義史が「だってしょうがないじゃない」(2019年11月2日公開)が、「仮設の映画館」で配信されています。

「仮設の映画館」は、新型コロナウイルスの影響で劇場の休館を余儀なくされていることを懸念した配給会社の東風が運営するインターネット上の映画館です。
https://www.temporary-cinema.jp/

「仮設の映画館」にはこの展開に賛同した全国各地の劇場が参加。観客は、どの映画館で作品を鑑賞するのかを選ぶことができます。鑑賞料金は、本物の映画館の興行収入同様、各劇場と配給会社、製作者に分配される仕組みです。

<仮設の映画館『だってしょうがないじゃない』概要>

鑑賞料金:1,800円
鑑賞期限:レンタル購入から24時間以内。ストリーミングのみ、ダウンロード不可。
​鑑賞料金の分配:
プラットフォームの使用料等を差引後、一般的な興行収入と同様に、劇場と配給とで5:5で分配。さらに配給会社と製作者とで分配します。なお上映を予定していた劇場がそれぞれの事情により休映・休館した場合も「仮設の映画館」では続映し、その収益の分配の対象となります。
​運営:
サンディ株式会社(https://www.sundy.co.jp/
E-mail:dattemovie@gmail.com