障がいのある方やパラスポーツ選手のセカンドキャリアの選択肢を広げるためのプロジェクト

宇城市内で住宅型の有料老人ホーム「みんなの家うき」を運営する合同会社6L(所在地:熊本県宇城市、代表:矢野 賞太)が、障がいのある方の働き方を支援するユニバーサルデザインキッチンカープロジェクトを実現するため、クラウドファンディングにチャレンジしています。
プロジェクトは、“障がいがあってもできる”ユニバーサルデザインのキッチンカーを製作し、障がいのある方の働き方を支援するというもの。

今回のプロジェクトは、以下の3つを実現するために企画されたとのことです。
・障がいがあってもやりたいことがやれる働き方の選択肢の一つを作ること
・パラスポーツ選手のセカンドキャリアとしての働き方の選択肢の一つを作ること
・障がいがあってもボランティア支援に参加することができると知ってもらうこと

みんなで楽しめる唐揚げを販売

キッチンカーでは子どもから大人まで食べることができる唐揚げを販売予定。唐揚げの監修は、料理人に依頼し、味にもこだわるとのことです。

障害があってもできる「働き方とボランティア支援」
https://camp-fire.jp/projects/view/310723

クラウドファンディング概要

●目標金額:400万円
≪用途≫
(1)キッチンカー車輌購入費と障がい者が運転できるようにするための車輌改造費(例:左足アクセル、手動運転装置など)
(2)リターン:3,000円~、8種類
https://camp-fire.jp/projects/view/310723
(3)ボランティアでの温かい食事の無料提供
(4)クラウドファンディングの手数料
※このプロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

●期間
資金調達:2020年8月6日(木)~9月27日(日)
キッチンカーの製作と障がい者用に車輌の改造:9月20日~約1か月半程度
リターンの郵送:プロジェクト終了後より、30日以内
キッチンカー始動予定:11月頃~

【合同会社6Lについて】

本社:〒869-0562 熊本県宇城市不知火町長崎561-1
代表者:矢野 賞太
設立:2018年12月
電話番号:0964-33-2767
URL:http://minnanoieuki.jp/
事業内容:老人福祉施設の運営

Written by

菅間 大樹

findgood編集長、株式会社Mind One代表取締役
雑誌制作会社、広告代理店、障害者専門人材サービス会社を経て独立。
ライター・編集者としての活動と並行し、就労移行支援事業所の立ち上げに関わり、管理者も務める。職場適応援助者(ジョブコーチ)養成研修修了。
著書に「経営者・人事担当者のための障害者雇用をはじめる前に読む本」(Amazon Kindle「人事・労務管理」「社会学」部門1位獲得)がある。