茨城県の県西地域にある有限会社市民社会成熟研究所(古河市)が、クラウドファンディングに取り組んでいます。
当研究所は、一定の支援を受けながら働く就労継続支援A型事業所 (※)「デコベル」を運営。
(※findgood【知る・働く場についてを参照】https://findgood.jp/knowledge/knowledge-working/

新たな事業として成長著しいペット産業に着目し、猫砂製造を始めネット販売もスタートさせたところで、
規模拡大を目指すことにしました。
拡大計画ではクラウドファンディングで500万円を集める予定です。
猫砂の製造機4台を導入し、販売で月150万円の利益が出すことで、利用者全員に最低賃金を手渡せるようになるとのこと。

クラウドファンディングは今月29日まで実施しています。
https://camp-fire.jp/projects/view/183500

寄付によるリターンは、工芸班が手作りする「革製・キーホルダー」と利用者からの感謝の手紙を受け取れる
【革製キーホルダーお届けコース】(5,000円)や、
猫砂や黒にんにくなどが受け取れる【命の猫砂&黒にんにくで人も猫も元気コース】(10,000円)、
デコベル食堂でスペシャルランチが食べられる【デコベル食堂が贈る「とれたて野菜のスペシャルランチ」コース】(20,000円)など、17コース。

9月14日現在、71万4,000円が集まっています。

Written by

菅間 大樹

findgood編集長、株式会社Mind One代表取締役
雑誌制作会社、広告代理店、障害者専門人材サービス会社を経て独立。
ライター・編集者としての活動と並行し、就労移行支援事業所の立ち上げに関わり、管理者も務める。職場適応援助者(ジョブコーチ)養成研修修了。
著書に「経営者・人事担当者のための障害者雇用をはじめる前に読む本」(Amazon Kindle「人事・労務管理」「社会学」部門1位獲得)がある。