障がいの特性に応じた文字習得の指導法

10月2日、教育新社から「発達に遅れがある子どものための 文字・文章の読み書き指導」が発売されます。
同書は子どもたちが「読むこと」「書くこと」「文をつくること」を獲得していく過程を、ことば、運動の発達、視覚認知の発達から捉えることで見えてきた障がいの特性に応じた文字習得の指導法となっています。学習に困っている子ども、教え方に困っている教員に長年向き合ってきた著者が、指導実績から培ったノウハウを提案。巻末に掲載のワークシートはコピーしてすぐ使える優れモノ。年齢や障害の程度・障害の有無にかかわらず使える本書は、学習に困難さのある子どもにかかわるすべての人に役立つ一冊です。

著者名:川間弘子
ISBNコード: ISBN978-4-86371-556-1
判型/頁:B5判/208頁
発売日:2020年10月2日発売
定価:定価2,750円(本体2,500円+税)

https://www.kyoikushinsha.co.jp/book/0556/index.html?fbclid=IwAR06NU-SaU7KncuBoi9ZEKqnYVw3wa7gj0NKRKQPzRLubuMThFApFdyZeKg

Written by

菅間 大樹

findgood編集長、株式会社Mind One代表取締役
雑誌制作会社、広告代理店、障害者専門人材サービス会社を経て独立。
ライター・編集者としての活動と並行し、就労移行支援事業所の立ち上げに関わり、管理者も務める。職場適応援助者(ジョブコーチ)養成研修修了。
著書に「経営者・人事担当者のための障害者雇用をはじめる前に読む本」(Amazon Kindle「人事・労務管理」「社会学」部門1位獲得)がある。