21日に投開票された参院選で、
新政治団体「れいわ新選組」から出馬した重度身体障害者がの2名が当選を果たしました。

当選した2名は、舩後靖彦氏(61)と脳性まひを患う木村英子氏(54)。
船後氏は筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者で、木村氏は脳性まひを患っており、
2人とも車いすを使用し、議員活動の際には付添人の介助が必要としています。

重度障害者の当選は画期的な出来事で、両氏には障害者支援制度の充実や改革を
当事者の視点から期待されます。
一方、介助を必要とする両氏の介添え人の同席や代読の許可、
移動手段などのバリアフリー化、他の議員の理解など国会も多様な議員への受け入れが求められます。