県障害福祉課によると、県内の障害者就労継続支援B型支援事業所で働く障害者の、2018年度の月平均工賃は1万6948円。
これは前年度より2.0%(336円)増で、9年連続で上昇しています。
※利用者と雇用契約を結ばない「B型事業所」の県内182施設のうち、工賃支払い実績のあった177施設を対象

ただ、目標としていた1万8000円には届かず、県は事業所のさらなる工賃向上に向けた取り組み支援を強化していく方針。

なお、最も支払い工賃が高かった事業所は、弁当などを製造する野木町の「セルプ花」で、月平均工賃は6万1513円となっています。

Written by

菅間 大樹

findgood編集長、株式会社Mind One代表取締役
雑誌制作会社、広告代理店、障害者専門人材サービス会社を経て独立。
ライター・編集者としての活動と並行し、就労移行支援事業所の立ち上げに関わり、管理者も務める。職場適応援助者(ジョブコーチ)養成研修修了。
著書に「経営者・人事担当者のための障害者雇用をはじめる前に読む本」(Amazon Kindle「人事・労務管理」「社会学」部門1位獲得)がある。